2018年2月4日日曜日

19年 第1節 週間MVP


 今節は阪神が3勝1敗、巨人が3勝1敗、産業が2勝2敗、阪急が2勝2敗、朝日が1勝3敗、南海が1勝3敗であった。


週間MVP

投手部門

 産業 森井茂 1

 4試合連続登板で2勝2敗。4月16日の南海戦で1安打完封。

 阪神 若林忠志 1

 4試合連続登板で2勝1敗1セーブ1完封。

 巨人 須田博 1

 2勝0敗1完封、18イニングで自責点0。


打撃部門

 阪神 本堂保次 1

 15打数6安打4得点6打点。V打1、真の殊勲打1。

 阪神 御園生崇男 1

 12打数6安打5得点2打点5四球2盗塁。

 巨人 呉新亨 1

 14打数6安打1得点4打点2四球4盗塁。

 朝日 坪内道則 1

 16打数7安打3得点2打点3盗塁、二塁打3本。


殊勲賞

 阪急 坂井豊司 1

 4月16日の朝日戦で7回決勝打

 産業 小坂三郎 1

 4月10日の阪神戦で8回裏逆転打

 南海 吉川義次 1

 4月15日の産業戦で5打点


敢闘賞

 阪神 藤村冨美男 1  

 15打数6安打3打点

 阪神 塚本博睦 1

 14打数5安打6得点3四球2盗塁

 阪急 上田藤夫 1

 17打数6安打3得点1打点


 阪急 伊藤健一 1

 15打数6安打3得点2盗塁

 産業 加藤正二 1

 15打数6安打3得点2盗塁

 南海 岡村俊昭 1

 16打数6安打3得点4四球


技能賞

 阪急 野口明 1

 14打数4安打6四球

 南海 清水秀雄 1

 13打数3安打6四球

 南海 堀井数男 1

 4月15日の産業戦で3盗塁
 

0 件のコメント:

コメントを投稿