2018年1月5日金曜日

19年 朝日vs南海 1回戦


4月9日 (日) 甲子園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
0 0 0 1 0 3 0 2 0 6 朝日 1勝1敗 0.500 内藤幸三
1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 南海 0勝2敗 0.000 中本岩夫

勝利投手 内藤幸三 1勝1敗
敗戦投手 中本岩夫 0勝1敗

二塁打 (朝)坪内 (南)堀井

勝利打点 酒沢政夫 1

猛打賞 (朝)坪内道則(4安打) 1


坪内道則4安打

 朝日は開幕戦9失点の内藤幸三が雪辱を期して先発。南海は政野岩夫から登録名が変わった中本岩夫が先発。下手投げのフォームが変わったかは不明。

 南海は初回、先頭の松川博爾が四球を選んで出塁、岡村俊昭は遊飛に倒れ、清水秀雄のライト線ヒットで松川は三塁に走り、ライト田中豊一からの返球を中継したショート酒沢政夫の三塁送球が悪送球となる間に松川が生還して1点を先制する。

 3回まで4安打を放ちながら無得点の朝日は4回、先頭の大橋一郎がセンター右にヒット、内藤が四球を選んで無死一二塁、田端美夫が送りバントを決めて一死二三塁、吉田弘は三振に倒れるが、田中豊一が四球を選んで二死満塁、トップに返り酒沢が押出し四球を選んで1-1の同点に追い付く。

 朝日は6回、先頭の田端の当りは左飛、これをレフト堀井数男が落球、吉田の遊ゴロで田端は二封、セカンド加藤喜作からの一塁転送が悪送球となる間に打者走者の吉田は二塁に進み、田中は四球を選んで一死一二塁、トップに返り酒沢の左前タイムリーで2-1と逆転、大島渡の左前打で一死満塁、坪内道則の三ゴロ併殺崩れの間に三走田中が還り、二走酒沢も三塁ベースを蹴ってホームに還って4-1、坪内には2打点が記録された。

 朝日は8回、二死後大島が四球を選んで出塁、坪内の中前打で二死一二塁、森本清三の中前タイムリーで5-1、坪内は三塁に進んで二死一三塁、ここでダブルスチールを決めて6-1として試合を決める。

 内藤幸三は2回以降を無失点に抑え、5安打7四球5三振1失点、自責点ゼロの完投で9失点だった開幕戦の雪辱を果たす。

 坪内道則が5打数4安打の猛打賞、ラッキーな2打点も記録。更に、重盗によるホームスチールも記録した。

 初回にタイムリーエラーを犯した酒沢政夫は4回に同点に追い付く押出し四球を選び、6回には決勝打を放って勝利打点を記録、坪内の三ゴロの間に二塁から生還する好走塁も見せる活躍であった。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿