2017年2月19日日曜日

18年 巨人vs名古屋 8回戦


7月25日 (日) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
1 0 0 0 0 0 0 0 1 2 巨人 28勝17敗2分 0.622 藤本英雄
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 名軍 27勝16敗4分 0.628 石丸進一

勝利投手 藤本英雄 16勝6敗
敗戦投手 石丸進一 10勝4敗

二塁打 (巨)呉

勝利打点 白石敏男 4


藤本英雄、無四球完封

 巨人と名古屋の決戦の日を迎えた。名古屋はここで勝てば優勝に向けて大きく前進する。先発は藤本英雄と石丸進一の両エース。

 巨人は初回、先頭の呉昌征が右中間に二塁打、調子が上がってきた白石敏男が中前に先制タイムリーを放って1点をリードする。


 石丸進一は2回以降力投を続けて6回まで無安打ピッチング。


 巨人は9回、先頭の青田昇が右前打で出塁、中島治康の遊ゴロをショート金山次郎がエラーして無死一二塁、青田は単独三盗に失敗、直後に中島が二盗に成功、藤本は三振に倒れて二死二塁、多田文久三が右前に貴重なタイムリーを放って2-0とする。


 藤本英雄は5安打無四球3三振で今季5度目の完封、16勝目をあげる。シーズン前半はコントロールに苦しんできたが、別人のようなピッチングを見せた。


 巨人は勝率で2位に甘んじてはいるものの、首位名古屋にゲーム差なしと迫ってきた。



18年 阪急vs南海 8回戦


7月25日 (日) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
1 0 0 5 2 0 0 1 0 9 阪急 18勝28敗1分 0.391 江田孝
0 1 0 0 1 0 0 0 0 2 南海 17勝29敗1分 0.370 長沼要男 丸山二三雄

勝利投手 江田孝        4勝1敗
敗戦投手 丸山二三雄 1勝10敗

二塁打 (急)上田、池田 (南)増田

勝利打点 中村栄 1

猛打賞 (急)上田藤夫 1、池田久之 1 (南)中野正雄 2


上田、池田が猛打賞

 阪急は初回、一死後上田藤夫が四球から二盗に成功、山田伝は左飛に倒れて二死二塁、下社邦男が左前にタイムリーを放って1点を先制する。

 南海は2回、先頭の鈴木芳太郎が四球で出塁、八木進の投ゴロは「1-6-3」と転送されるが二塁セーフで一塁アウト、パスボールで二走鈴木は三進、長谷川善三の投ゴロをピッチャー江田孝が一塁に悪送球する間に鈴木が還って1-1の同点とする。


 阪急は4回、先頭の笠石徳五郎がストレートの四球で出塁、南海ベンチはここで先発の長沼要男から丸山二三雄にスイッチ、江田も四球、池田久之の三前バントが内野安打となって無死満塁、松本泰三は浅い中飛に倒れて一死満塁、トップに返り中村栄の一塁線バントが内野安打となって2-1と勝越し、上田がレフト線に二塁打を放って4-1、山田が四球を選んで再度一死満塁、下社の左犠飛で5-1、三木久一が四球を選んで二死満塁、笠石が選んだこの回2個目の四球が押出しとなって6-1とリードを広げる。


 阪急は5回、先頭の池田がレフト線に二塁打、松本は左飛に倒れるが、トップに返り中村は四球、上田の左前タイムリーで二走池田が還って7-1、上田は二盗に失敗して二死三塁、山田が四球を選んで二死一三塁、三走中村が本盗を決めて8-1とする。


 南海は5回裏、先頭の加藤喜作が遊失に生き、トップに返り猪子利男の遊ゴロもショート中村が連続エラーして無死一二塁、岡村俊昭の右飛で二走加藤がタッチアップから三進、中野正雄が左前にタイムリーを放って2-8とする。


 阪急は8回、先頭の山田が二遊間に内野安打を放つと二盗に成功、下社は右飛に倒れるが、三木が左前打を放って一死一三塁、笠石の右犠飛で9-2として快勝する。


 江田孝は5安打2四球無三振2失点、自責点ゼロの完投で4勝目をあげる。




2017年2月16日木曜日

18年 朝日vs西鉄 6回戦


7月24日 (土) 西宮

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 朝日 26勝18敗2分 0.591 真田重蔵
5 0 0 0 1 0 0 0 X 6 西鉄 15勝27敗4分 0.357 野口二郎

勝利投手 野口二郎 9勝10敗
敗戦投手 真田重蔵 7勝6敗

二塁打 (西)黒沢
三塁打 (西)野口明、黒沢

勝利打点 野口明 4

猛打賞 (西)野口二郎 2(4安打)、山田秀夫 1



野口二郎、完封と4安打

 西鉄は初回、先頭の中村信一の当りは一ゴロ、これをファースト広田修三がエラー、富松信彦は左前打、野口二郎も中前打を放って無死満塁、ここで野口明が右中間に走者一掃の三塁打を放って3点を先制、黒沢俊夫が左中間に二塁打を放って4-0、濃人渉は捕飛、中村民雄は捕邪飛に倒れて二死二塁、鵜飼勉の三塁内野安打で二死一三塁、山田秀夫が左前にタイムリーを放って5-0と大量リードする。

 西鉄は4回、一死後野口二郎が三前に内野安打、野口明の投ゴロの間に野口二郎は二進、黒沢が左中間に三塁打を放って6-0とする。


 野口二郎は7安打1四球3三振で今季5度目の完封、9勝目をあげる。打っては5打数4安打の活躍であった。


 野口明が初回に放った満塁走者一掃の三塁打が試合を決めた。黒沢俊夫も二塁打と三塁打、完全復調してきた。



2017年2月15日水曜日

18年 大和vs阪神 7回戦


7月24日 (土) 西宮

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 計
0 0 1 0 0 1 0 0 0  0   0   1  3 大和 22勝22敗2分 0.500 石田光彦
0 0 0 0 0 1 0 0 1  0   0   1  3 阪神 23勝19敗4分 0.548 若林忠志

二塁打 (和)木村2、高橋、石田

勝利打点 なし

猛打賞 (和)石田光彦 1 (神)塚本博睦 3


石田-若林の投げ合いで引き分く

 大和は3回、好調木村孝平がレフト線に二塁打、岡田福吉は四球、小島利男はストレートの四球を選んで無死満塁、鈴木秀雄の二ゴロの間に三走木村が還って1点を先制する。

 大和は6回、一死後高橋吉雄がライト線に二塁打、金子裕の三塁内野安打で一死一三塁、石田光彦の中犠飛で三走高橋が還り2-0とリードを広げる。


 阪神は6回裏、先頭の武智修に代わる代打山口政信が右前にヒット、トップに返り塚本博睦の投ゴロで山口は二封、金田正泰のライト線ヒットで一死一三塁、ここで大和はセカンドのン高橋を下げて苅田久徳監督が二塁に守備に入る。苅田は7月9日の西鉄戦以来の出場となる。金田が二盗を決めて一死二三塁、玉置玉一の遊ゴロの間に三走塚本が還り1-2と追い上げる。


 阪神は9回裏、先頭の景浦将が四球を選んで出塁、門前真佐人が送って一死二塁、田中義雄に代わる代打御園生崇男の遊ゴロの間に二走景浦は三進、若林忠志が右前に同点タイムリーを放って土壇場で2-2と追い付く。


 大和は12回表、一死後木村が今日2本目の二塁打をレフト線に放ち一死二塁、岡田の遊ゴロをショート野口昇が一塁に低投、悪送球が記録されて一死一三塁、小島が四球を選んで一死満塁、鈴木の当りは左前に抜けて三走木村が生還し3-2と勝越し、レフト山口からサード玉置に送球されて二走岡田は三封されたため、鈴木の記録は「レフトゴロ」。左前に落ちるかどうかという当りだったのでしょう。山口が前進守備であったのは状況から当然です。


 阪神は12回裏、一死後山口が四球を選んで出塁、トップに返り塚本が左前打、野口はストレートの四球で一死満塁、玉置の中犠飛で3-3の同点に追い付く。続く景浦は中飛に倒れて規定により引分け。


 石田光彦は12回を完投して9安打6四球1死球6三振3失点。打っては猛打賞の活躍を見せた。


 若林忠志は12回を完投して8安打5四球3三振3失点。


 両チームの得点は、タイムリーは若林の1本だけで、内野ゴロで2点、外野ゴロで1点、犠飛が2つ記録された。当時は公式記録では「犠飛」は記録されず、当ブログがスコアカードから「犠飛」と認定できる場合「犠飛」としてお伝えしています。公式記録では「凡打」の扱いになりますのでご注意ください。


 両チーム「3」の倍数イニングだけ得点した。


18年 巨人vs阪急 7回戦


7月24日 (土) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
5 0 0 0 1 0 0 0 0 6 巨人 27勝17敗2分 0.614 川畑博 藤本英雄
1 0 0 0 0 0 0 0 3 4 阪急 17勝28敗1分 0.378 天保義夫 高橋敏 江田孝


勝利投手 川畑博     5勝2敗
敗戦投手 天保義夫 5勝11敗
セーブ      藤本英雄 1

二塁打 (巨)多田 (急)安田
三塁打 (巨)呉
本塁打 (巨)川畑 2号

勝利打点 青田昇 4

猛打賞 (巨)川畑博 1


川畑博、スリーランホームラン

 巨人は初回、一死後白石敏男が三塁に内野安打、サード三木久一の一塁悪送球が加わり白石は二進、小暮力三が中前打を放って一死一三塁、青田昇が左前にタイムリーを放ち1点を先制、伊藤健太郎が四球を選んで一死満塁、阪急ベンチは早くも先発の天保義夫に代えて二番手として高橋敏を投入、多田文久三の三ゴロをサード三木は三塁ベースを踏んでから一塁に送球するが、これが再び悪送球、ゲッツーならずで三走小暮が生還し2-0、二死二三塁から川畑博がレフトスタンドにスリーランホームランを叩き込んで5-0と大量リードする。

 阪急は1回裏、一死後上田藤夫が二遊間に内野安打、山田伝が四球を選んで一死一二塁、下社邦男の二ゴロで山田は二封されて二死一三塁、三木の三ゴロをファースト小暮が落球する間に三走上田が還って1-5とする。


 巨人は5回、先頭の呉昌征が右中間に三塁打、一死後小暮が中前にタイムリーを放って6-0とダメ押す。


 阪急は7回から三番手として江田孝が登板。


 初回に不運な失点があったが、巨人先発の川畑博は自らのスリーランによる大量リードに気を良くして2回以降8回まで阪急打線を3安打無得点に抑える。


 阪急は9回裏、先頭の山田がストレートの四球で出塁、下社が中前打を放ち、ダブルスチールを決めて無死二三塁、三木が四球を選んで無死満塁、笠石徳五郎が二遊間に2点タイムリーを放って3-6、安田信夫がレフト線に二塁打を放って4-6と2点差に迫りなお無死二三塁、慌てた巨人ベンチはここで川畑からエース藤本英雄にスイッチ、江田が四球を選んで再度無死満塁、松本泰三は三振に倒れて一死満塁、トップに返り中村栄の投ゴロが「1-2-3」と渡ってダブルプレー、巨人が辛くも逃げ切る。


 川畑博は藤本のリリーフを仰いだものの8回3分の0を投げて7安打3四球1死球2三振、5勝目をあげる。打っては第2号スリーランを放ち猛打賞を記録する活躍であった。



2017年2月13日月曜日

18年 南海vs名古屋 8回戦


7月24日 (土) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 計
2 0 0 0 0 0 0 0 1  0   0   0  3 南海 17勝28敗1分 0.378 別所昭
0 0 0 0 0 2 0 0 1  0   0  1X 4 名軍 27勝15敗4分 0.643 西沢道夫 石丸進一

勝利投手 石丸進一 10勝3敗
敗戦投手 別所昭     11勝13敗

二塁打 (名)小鶴2

勝利打点 吉田猪佐喜 7


小鶴誠、二塁打2本

 名古屋は打撃好調の金山次郎を一番に起用。金山はプロ入り初のスタメン一番となり、昭和18年の名古屋はこの試合以外は全てスタメン一番は石丸藤吉であり、唯一の例外がこの試合となる。

 南海は初回、先頭の猪子利男の遊ゴロをショート金山がエラー、続く岡村俊昭が左前打、レフト吉田猪佐喜が打球を弾く間に二塁に達していた猪子は三塁に進み、岡村も二盗を決めて無死二三塁、中野正雄は三振に倒れ、堀井数男はストレートの四球で一死満塁、別所昭が右前に2点タイムリーを放ち2-0とする。


 先制打を放った別所は投げても絶好調で5回まで無安打2四球無失点のピッチング。


 名古屋は6回、一死後金山が三前にチーム初ヒットとなるセーフティバントを決めて出塁、ワイルドピッチで金山が二進、古川清蔵は右飛に倒れるが、小鶴誠が左中間に二塁打を放って1-2、吉田の中飛をセンター猪子が落球する間に二走小鶴が還って2-2の同点に追い付く。


 名古屋先発の西沢道夫は3回まで5安打を許したが、4回~8回は無安打ピッチング。


 南海は9回表、一死後増田敏の当りは遊ゴロ、これをショート金山が一塁に悪送球して増田は二塁に進み、トップに返り猪子の打席で増田が三盗に成功、猪子が中前にタイムリーを放って3-2と勝ち越す。


 名古屋は9回裏、芳賀直一、藤原鉄之助が連続四球、野口正明に代わる代打桝嘉一が送りバントを決めて一死二三塁、西沢の三ゴロで三走芳賀が本塁突入を敢行するが、サード鈴木芳太郎からのバックホームにタッチアウト、二死二三塁となってトップに返り金山がサードに同点タイムリー内野安打を放ち3-3として延長戦に突入する。


 名古屋は10回から二番手としてエース石丸進一を投入。石丸は期待に応えて12回まで南海を無安打に抑える。


 名古屋は12回裏、一死後古川が四球を選んで出塁、小鶴が三塁線を破る二塁打を放って一死二三塁、吉田の二ゴロの間に三走古川が生還、名古屋がサヨナラ勝ち。


 石丸進一は3イニングを無安打2四球2三振無失点に抑え、10勝目をマークする。


 試合途中、避難訓練のため8分間試合が中断した。




2017年2月11日土曜日

18年 南海vs阪急 7回戦


7月18日 (日) 西宮

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 南海 17勝27敗1分 0.386 長沼要男
3 0 0 0 2 0 0 0 X 5 阪急 17勝27敗1分 0.386 江田孝

勝利投手 江田孝     3勝1敗
敗戦投手 長沼要男 3勝5敗

二塁打 (急)三木
三塁打 (急)下社

勝利打点 下社邦男 6


下社邦男、4打点

 阪急は初回、一死後上田藤夫が死球を受けて出塁、山田伝の右前打で一死一三塁、山田が二盗を決めて一死二三塁、下社邦男の二遊間ヒットで2者還り2点を先制、三木久一のレフト線二塁打で下社が還り3-0とする。

 阪急は5回、上田、山田が連続四球を選んで無死一二塁、下社の右越え三塁打で2者還り5-0とダメ押す。


 南海は初回、二死後中野正雄、堀井数男の連打が出るが、鈴木芳太郎は一ゴロに倒れる。


 南海は2回、5回、8回とダブルプレーでチャンスを潰し零敗。


 江田孝は4安打3四球1三振で今季2度目の完封、3勝目をあげる。


 享栄商業出身のルーキー下社邦男が4打点を記録する活躍を見せた。