2017年4月29日土曜日

18年 阪急vs西鉄 8回戦


8月15日 (日) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9  計
0 0 0 0 0 0 0 0 0   0 阪急 19勝35敗2分 0.352 笠松実 天保義夫
0 4 0 6 0 0 0 0 X 10 西鉄 22勝29敗5分 0.431 重松通雄 近藤貞雄

勝利投手 近藤貞雄 3勝2敗
敗戦投手 笠松実     5勝6敗

二塁打 (西)濃人、黒沢

勝利打点 山田秀夫 3

猛打賞 (西)黒沢俊夫 1


西鉄、又も14安打で6連勝!

 阪急は初回、二死後下社邦男が四球を選んで出塁、三木久一の左前打で二死一二塁、池田久之の当りは二塁への内野安打、三塁に達した二走下社が一気にホームを狙うが、セカンド鵜飼勉が冷静にバックホームしてタッチアウト。

 西鉄は1回裏、一死後濃人渉が左中間に二塁打、野口二郎は左飛に倒れて二死二塁、野口明の中前打で二走濃人は三塁ベースを蹴ってホームに突っ込むが、センター山田伝からのバックホームにタッチアウト。


 初回は両軍本塁寸前で先制点得点を逃した。


 西鉄は2回、先頭の中村民雄が二遊間に内野安打、黒沢俊夫の右前打で無死一二塁、山田秀夫がライト線に先制タイムリーを放って1-0、一走中村民雄は三塁に進み、打者走者の山田も送球の間に二塁を陥れて無死二三塁、重松通雄の遊撃内野安打がタイムリーとなって2-0、鵜飼勉もレフト線にタイムリーを放ち3-0として阪急先発の笠松実をKO、二番手として天保義夫がマウンドに上がり、トップに返って中村信一は右飛、濃人渉は三邪飛に倒れるが、野口二郎がレフト線にタイムリーを放ちこの回4点を先制して試合の主導権を握る。


 4点リードを奪ったところで西鉄は3回から先発の重松通雄に代えて近藤貞雄をマウンドに送り込む。


 西鉄は4回、一死後鵜飼の当りは三ゴロ、これをサード三木久一がエラー、トップに返り中村信一はショートへの内野安打、濃人は中飛に倒れて二死一二塁、野口二郎の三ゴロでチェンジ、と思われたが又もサード三木がエラーして二死満塁、野口明の二ゴロをセカンド上田藤夫が一塁に送球して今度こそチェンジ、と思われたがファースト松本利一が落球、三走鵜飼がホームに還って5-0、中村民雄が左前にタイムリーを放って6-0、黒沢の左中間二塁打で二者還って8-0、山田が左前に2打席連続となるタイムリーを放って9-0、近藤の遊ゴロをショート伊藤健一が一塁に悪送球する間に三走黒沢が還って10-0、一走山田も三塁に向かうが、ファースト松本からの送球にタッチアウト。


 西鉄はこの回6点を奪ったが天保義夫の自責点はゼロ、野口二郎の三ゴロエラーが二死からなので、以降の得点には自責点が付かない。


 西鉄二番手の近藤貞雄は7イニングを2安打3四球無三振無失点、重松通雄との完封リレーとなった。


 西鉄はこれで6連勝を記録して夏季シーズンを終了した。この間、野口二郎と近藤貞雄が3勝ずつを記録している。とにかく打線が好調でこの日も14安打、6試合で66安打31得点、14安打の試合が3試合含まれている。黒沢俊夫の打棒が復活して、山田秀夫や鵜飼勉などの脇役陣も好調を持続、大黒柱の野口二郎が肘の故障から復活して調子を上げてきており、秋季は台風の目になるのではないか。



2017年4月22日土曜日

18年 西鉄vs南海 8回戦


8月14日 (土) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
2 2 0 1 0 0 0 0 1 6 西鉄 21勝29敗5分 0.420 野口二郎
0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 南海 20勝34敗1分 0.370 丸山二三雄 長沼要男

勝利投手 野口二郎   13勝10敗
敗戦投手 丸山二三雄 3勝11敗

三塁打 (西)野口明

勝利打点 野口明 5


快進撃西鉄5連勝

 西鉄は初回、先頭の中村信一が四球を選んで出塁、濃人渉の左前打で無死一二塁、野口二郎の当りはファーストライナー、ファーストの中野正雄が二塁に送球して二走中村は戻れずダブルプレー、二死一塁となるが、野口明が中越えに三塁打を放って一走濃人が生還、センター猪子利男からの返球が悪送球となる間に打者走者の野口明も還ってこの回2点を先制する。

 西鉄は2回、先頭の黒沢俊夫が右前打、富松信彦が四球を選んでこの回も無死一二塁、南海ベンチはここで早くも先発の丸山二三雄から長沼要男にスイッチ、山田秀夫が送って一死二三塁、鵜飼勉が中前に2点タイムリーを放って4-0と大きくリードする。


 西鉄は4回、先頭の富松信彦が四球で出塁、山田の左前打で富松は一気に三塁を陥れ、送球の隙に二塁を狙った打者走者の山田は「8-6-4」と転送されて二塁タッチアウト、鵜飼がストレートの四球を選んで一死一三塁、トップに返り中村の左犠飛で5-0と更にリードを広げる。


 南海は4回裏、先頭の岡村俊昭が右前打で出塁、中野の三ゴロをサード中村信一がエラー、二死後長沼要男が右前にタイムリーを放って1点返し1-5とする。


 西鉄は9回、先頭の中村信一の当りは一二塁間へのゴロ、ファースト中野がベースカバーに入ったピッチャー長沼要男に送球するがタイミングはセーフでしかも悪送球、中村は二塁に進み、濃人の中前打で無死一三塁、野口二郎の左犠飛で6-1とダメ押す。


 復調著しい野口二郎は4安打2四球3三振1失点、自責点ゼロの完投で13勝目をあげる。


 西鉄はこれで5連勝、この間、野口二郎が3勝2セーブを記録している。


 この試合の殊勲者は先制&決勝の三塁打を放って勝利打点を記録した野口明であるが、2回に試合を決める追撃タイムリーを放った鵜飼勉が「並列の殊勲者」となる。



2017年4月20日木曜日

18年 阪急vs大和 8回戦


8月14日 (土) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 阪急 19勝34敗2分 0.358 中田武夫
0 1 1 0 1 0 0 0 X 3 大和 24勝27敗4分 0.471 石田光彦

勝利投手 石田光彦 8勝7敗
敗戦投手 中田武夫 4勝9敗

二塁打 (急)上田 (和)岡田
三塁打 (和)金子

勝利打点 金子裕 2

猛打賞 (和)岡田福吉 1、小島利男 2


石田光彦、1安打ピッチング

 阪急は初回、先頭の上田藤夫が右中間に二塁打、山田伝はストレートの四球で無死一二塁、下社邦男の一ゴロで山田が二封されて一死一三塁、三木久一の当りはセンターライナー、三走上田がタッチアップから生還して1点を先制する。

 大和は2回、先頭の高橋吉雄がレフト線にヒット、小島利男の中前打で無死一二塁、鈴木秀雄が一塁線に送りバントを決めて一死二三塁、石田光彦の当りはセンターフライ、三走高橋がタッチアップから生還して1-1の同点とする。


 大和は3回、二死後岡田福吉が三遊間にヒット、金子裕が右中間をライナーで破る三塁打を放ち岡田が生還、2-1と勝ち越す。


 大和は5回、二死後木村孝平がレフト線にヒット、岡田が左中間を破る二塁打を放ち一走木村が一気にホームに還って3-1とする。


 石田光彦は、初回先頭の上田に二塁打を許したのがこの日唯一の被安打、27個連続アウトを記録した。特に4回から8回のピッチングは圧巻で、3三振と4個の捕邪飛に打ち取っている。如何に石田の球がキレていたかを示す投球内容である。


 石田は1安打6四球3三振1失点の完投で8勝目をあげる。


 中田武夫も8回を完投して9安打3失点であったが無四球ピッチングであった。


 キャッチャー鈴木秀雄が、下社邦男が試みた2度の盗塁を刺して石田を助けた。この日の鈴木は、補殺が下社の盗塁を刺した2個、3三振と捕邪飛4個で刺殺は7個を記録した。



2017年4月19日水曜日

18年 大和vs南海 7回戦


8月11日 (水) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
1 0 0 0 0 1 2 0 0 4 大和 23勝27敗4分 0.460 畑福俊英 片山栄次
1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 南海 20勝33敗1分 0.377 別所昭

勝利投手 片山栄次 9勝14敗
敗戦投手 別所昭   12勝16敗

二塁打 (和)金子 (南)別所

勝利打点 片山栄次 1


片山栄次、投打に活躍

 大和は初回、先頭の木村孝平が一塁線にヒット、岡田福吉の三ゴロの間に木村は二進、金子裕がレフト線に二塁打を放って1点を先制する。高橋吉雄が左前打を放って一死一三塁、鈴木秀雄はストレートの四球で一死満塁、苅田久徳の三ゴロが「5-4-3」と渡ってダブルプレー。

 南海は1回裏、二死後岡村俊昭が一塁にヒット、中野正雄が中前打を放って二死一二塁、鈴木芳太郎の左前タイムリーで1-1の同点に追い付く。


 南海は3回、先頭の長谷川善三の当りは中飛、これをセンター渡辺絢吾が落球、岡村はストレートの四球で無死一二塁、大和ベンチはここで先発の畑福俊英から片山栄次にスイッチ、中野は中飛、鈴木は一飛、別所昭は四球を選んで二死満塁、堀井数男は三ゴロに倒れて無得点。


 大和は6回、先頭の高橋がストレートの四球で出塁、鈴木秀雄の送りバントは一飛となって失敗、苅田の遊ゴロをショート長谷川がエラーして一死一二塁、小松原博喜は左邪飛に倒れて二死一二塁、片山が右前に勝越しタイムリーを放って2-1とする。


 大和は7回、先頭の木村が左前打を放って出塁、岡田は二飛に倒れるが、木村が二盗を決めて一死二塁、金子が中前にタイムリーを放って3-1、バックホームの間に打者走者の金子は二塁に進み、高橋は左飛に倒れるが、鈴木秀雄がストレートの四球で二死一二塁、苅田が右前にタイムリーを放ち4-1と突き放す。


 大和二番手の片山栄次は7イニングを1安打4四球無三振無失点の好投を見せて9勝目をあげる。打っても決勝打を放つ活躍であった。




2017年4月18日火曜日

18年 阪急vs朝日 8回戦


8月10日 (火) 甲子園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 計
0 0 0 0 0 0 0 0 0  0   0   0  0 阪急 19勝33敗2分 0.365 笠松実 中田武夫
0 0 0 0 0 0 0 0 0  0   0   0  0 朝日 30勝21敗3分 0.588 林安夫


勝利打点 なし

猛打賞 (急)池田久之(4安打) 2


林安夫、12回を無失点

 朝日は初回、一死後酒沢政夫が一塁に内野安打、中谷順次も中前打を放って一死一二塁、更に重盗を決めるが浅原直人は三振、早川平一が四球を選んで二死満塁、林安夫は遊飛に倒れて無得点。

 朝日はこの後7回まで無安打が続いた。


 初回のチャンスに打てなかった林は快調なピッチングで無失点を続ける。4回、二死後三木久一に左前打を許し、笠石徳五郎は四球、池田久之にも左前打を打たれて二死満塁のピンチを迎えるが、笠松実を三振に打ち取り無失点。6回、7回、8回と走者を出すが3イニング連続併殺で切り抜ける。


 阪急は9回、一死後三木が右中間にヒット、笠石が左前打を放って一死一二塁、池田が中前にヒットを放ち、二走三木が三塁ベースを蹴ってホームに向かうがセンター坪内道則からのバックホームにタッチアウト、4回途中から二番手として登板している中田武夫も遊飛に倒れて無得点。


 林安夫は延長に入っても安定したピッチングで、10回二死後上田藤夫に右前打を許すが山田伝を中飛に抑え、11回、12回は三者凡退。


 朝日は12回裏、一死後林が左前打で出塁、この回で時間切れとなるので代走に真田重蔵を起用、小林章良に代わる代打渡辺時信の二ゴロで真田は二封、大友一明が中前打を放って二死一二塁と最後のチャンスを迎えるが、広田修三に代わる代打景浦賢一が二ゴロに倒れ、延長12回引き分く。


 林安夫は12回を9安打2四球3三振無失点。


 阪急先発の笠松実は3回3分の1を2安打3四球1三振無失点。二番手の中田武夫は8回3分の2を5安打2四球2三振無失点。


 両軍あと1本のチャンスはあったが無得点。阪急では池田久之が5打数4安打の活躍、朝日では途中出場の大友一明が2打数2安打の活躍を見せた。



2017年4月17日月曜日

18年 西鉄vs名古屋 8回戦


8月10日 (火) 甲子園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
0 0 0 0 3 0 0 0 0 3 西鉄 20勝29敗5分 0.408 野口二郎
0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 名軍 29勝18敗6分 0.617 森井茂 野口正明

勝利投手 野口二郎 12勝10敗
敗戦投手 森井茂      4勝4敗

二塁打 (西)黒沢

勝利打点 なし


復調野口二郎、12勝目

 名古屋先発の森井茂は序盤好投、4回まで三者凡退3回。2回は先頭の野口明に右前打を許し、中村民雄も二塁に内野安打、黒沢俊夫が送りバントを決めて一死二三塁のピンチを迎えるが、富松信彦を浅い左飛、山田秀夫を遊ゴロに抑える。

 西鉄は5回、先頭の黒沢がライト線に二塁打、富松信彦の一ゴロでファースト加藤正二が二塁に送球するが悪送球となって二走黒沢が一気に生還して1点を先制、打者走者の富松は二塁に進み、山田の右前打で無死一三塁、鵜飼勉が中前にタイムリーを放って2-0、トップに返り中村信一が三塁線にセーフティバントを決めて無死満塁、名古屋ベンチはここで先発の森井から野口正明にスイッチ、濃人渉の三ゴロをサード小鶴誠がホームに送球して三走山田は本封、野口二郎の二ゴロの間に三走鵜飼が還って3-0とする。


 名古屋は6回、先頭の石丸藤吉が四球で出塁、古川清蔵が左前打で続いて無死一二塁、小鶴の遊ゴロは「6-4-3」と渡ってゲッツー、二死三塁となるが吉田の二遊間タイムリーで1-3とする。


 復調著しい野口二郎は7回以降を無安打に抑え、4安打3四球2三振1失点の完投で12勝目をあげる。


 西鉄はこれで4連勝。打線では前半戦不調に喘いでいた黒沢俊夫が復調してきたのが大きい。5回の3点は黒沢の二塁打に端を発したものであった。


 森井茂は4回3分の1を無四球、野口正明も5イニングを無四球に抑えた。



2017年4月15日土曜日

18年 巨人vs南海 8回戦


8月10日 (火) 後楽園

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
1 0 2 0 0 0 0 1 0 4 巨人 35勝17敗2分 0.673 藤本英雄
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 南海 20勝32敗1分 0.385 長沼要男

勝利投手 藤本英雄 22勝6敗
敗戦投手 長沼要男   3勝6敗

勝利打点 小暮力三 1

藤本英雄、3試合連続完封

 巨人は初回、先頭の呉昌征が一塁への内野安打から二盗に成功、白石敏男の遊ゴロの間に呉は三進、小暮力三の右犠飛で1点を先制する。

 巨人は3回、先頭の小池繁雄がストレートの四球で出塁、坂本茂の右前打で無死一三塁、ここで坂本が二盗に成功、キャッチャー荒木正が二塁に送球すると三走小池がディレード気味にスタート、ショート長谷川善三はサード鈴木芳太郎に送球して小池は三本間に挟まれ、「2-6-5-2-5-1」と転送されるが、サード鈴木の送球が小池に当たり小池は生還、三塁に達していた坂本も還って3-0とする。


 巨人は8回、先頭の呉が中前打で出塁するとこの日2個目の盗塁に成功、白石の二遊間ヒットがタイムリーとなって4-0として試合を決める。


 藤本英雄はこの日も快調なピッチング、2安打1四球6三振で3試合連続、今季9度目の完封で22勝目をあげる。


 呉昌征が2個の盗塁を決めて共に得点に結びつけた。


 呉は5月2日の阪神戦で門前真佐人に刺されてからは、24回連続盗塁成功を続けている。昭和18年の山田伝と呉昌征の盗塁王争いは、一リーグ時代最もハイレベルな争いとなる。山田はここまで42個、呉はこの日で31個。呉はここまで盗塁失敗が僅かに2回で山田は6回。しかし山田は一試合3盗塁が4回あるが呉は1回だけ。成功率では呉昌征に凱歌が上がるが、爆発力では山田伝が上回っている。